FC2ブログ
新宿末広亭 4月下席 夜の部
- 2013/04/28(Sun) -
新宿で2時間ほど時間が空いちゃったので、
久々に末広亭に行ってきました。
GWで他の営業があるのか、残念ながら一之輔師匠と円丈師匠は代演でした。


入船亭扇治師匠の落語の終わりから聞き、続いては太神楽の翁家勝丸さん。
結構、ボトボトとモノを落としております(苦笑)。
途中で、「もしや、これはネタで落としてるのかも!?」と疑ったのですが、
最後まで見て、やっぱり技術が伴ってないのだと思いました。
ま、それをカバーできる話術があったので、面白かったですが。

林家錦平師匠は、「片棒」。
なんだか、慌てて詰めまくったような印象でした。

桂才賀師匠は、上野のお爺ちゃん・お婆ちゃんをぶった切る漫談。
まー、相当毒を吐いてますが、この方『笑点』に出てた時代があったんですね。
テレビで流せないようなネタだったのですが・・・・。
でも、本日、一番面白かったです。

続いて、紙切りの林家二楽師匠。
わたくし、イロモノの中では紙切りが一番好きかも。
お客さんから出たお題は「権助魚」。
今日、このネタが演じられたそうですが、残念ながら私は見られず。
これまでにも見たことがないネタなので、話の内容は分かりませんでしたが、
でも、切られた作品はキレイでした。

金原亭馬の助師匠は、百面相というモノマネ芸。
こういう芸があることを初めて知りました。
小道具を巧みに使うところに伝統を感じました。

中入り前は、三遊亭歌司師匠だったかな・・・・
今日はメモを取らずに見てたので、噺も忘れちゃいました。

てなわけで、ここで退席いたしました。


刑務所通いはやめられねぇ―笑わせて、泣かせる落語家慰問刑務所通いはやめられねぇ―笑わせて、泣かせる落語家慰問
桂 才賀

亜紀書房 2008-08
売り上げランキング : 112658

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL | 落語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『北斎と暁斎 奇想の漫画』 | メイン | 『タンノイのエジンバラ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3281-0a867887
| メイン |