FC2ブログ
『失われた町』
- 2013/04/14(Sun) -
三崎亜記 『失われた町』(集英社文庫)、通読。

この作家さんの作品には、いつも、
「目の付けどころが面白いなぁ」と設定に驚かされ、興味を持つのですが、
作品というアウトプットになると、自分の思ってたものとズレるんですよね(苦笑)。

本作も、街の消失という、舞台設定は非常にワクワクするものなのに、
冒頭から、なんだか凄く分かりにくい・・・・。
変に小難しくしてしまっているような気がして、作品に入っていけないんです。

この設定を活かすなら、もっとエンタメ色の強い作品にして欲しいなぁという
自分の嗜好と、著者の思いとが違っているので、仕方がないことなのですが。

登場人物たちの思考が重苦しいこと、
作品の世界観を形作る概念が、複数の要素を絡ませて複雑なこと、
そして、その概念に関わってくる一つ一つの言葉が難解なこと、
どれもが、エンタメ性から距離を作ってしまうんですよねー。

本作は、分量が多いこともあって、
半ば脱落するような飛ばし読みになってしまいました。

残念。


失われた町 (集英社文庫)失われた町 (集英社文庫)
三崎 亜記

集英社 2009-11-20
売り上げランキング : 171349

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  三崎亜記 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『パン屋再襲撃』 | メイン | 『ドミノ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3270-d6ed132d
-本 「失われた町」-
ちょうど一年ぶりくらいに三崎亜記さんの作品を手に取りました。 以前に読んだのはデ …
2013/06/04 20:54  はらやんの映画徒然草 ▲ top

| メイン |