fc2ブログ
『ビッグ・ボーイズ』
- 2013/04/07(Sun) -
『ビッグ・ボーイズ』

1年間に見た野鳥の数を競う競技「ビッグ・イヤー」で
ディフェンディング・チャンピオンと挑戦者2名による闘いを描いた作品。

ジャック・ブラックとオーウェン・ウィルソンの共演で、
しかも「1位」を目指して死闘を繰り広げるという内容なので、
もっとドタバタ系コメディなのかと思ってました。

しかし、ここにスティーブ・マーティンが加わることで、
挑戦者の家族の支援または反対という場面も見られて、
なかなかハートフルな感じの作品に仕上がってました。

そう、趣味に入れあげるのって、家族持ちだとなかなか大変ですよね~。
ダイビングをやってても感じます。
結婚して海にあんまり来なくなった人、もしくは家庭を顧みずに海に来続ける人(苦笑)。

空と海とで違いはあれど、
珍しい生き物に出会ったときの感動は、鳥も魚も一緒だと思います。
なので、非常に共感を覚えながら見ることができました。
「海水浴場にサメが出た!」なんてニュースを見たら、週末に行っちゃいますもの(笑)。

ただ、本作の舞台になったビッグ・イヤー的なイベントは、
ダイビングの世界では聞いたことがないので、新鮮でした。
(私が知らないだけかもしれませんが・・・)
きっと、「野鳥観察」という「鳥」という生き物が出発点のスポーツと、
「海中潜水」という「海」という場所が出発点のスポーツの違いなのかもしれません。
実際に、ダイバーでも、生物よりも地形が好きという人は多いですから。

ただ、1年間に723種を見るという記録が凄いことは良くわかります。
私が海で写真を撮るようになって8年ぐらいたちますが、
それでようやく写真に収めた魚の種類は395種ですから。
写真に撮り損ねたものや、意識せずに視界に入っているはずの魚も当然いますが、
意識しなけりゃカウントできないのは鳥も一緒ですからね。

ストーリーは王道、ギャグも大したパンチなし、
これと言って印象に残る演出もないのですが、
なんだか心が温かくなる作品です。


ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して [DVD]ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-09-05
売り上げランキング : 41167

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  ジャック・ブラック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<おしゃれ&S革 | メイン | 『恋愛嫌い』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3264-17628f99
| メイン |