FC2ブログ
S革&QSP
- 2013/03/20(Wed) -
『スクール革命!』(2012年2月19日放送)
セレブ学第2弾。いとうあさこ先生と篠山輝信先生。
別の番組
で篠山先生を見たとき、「この人だれ??」状態だったのですが、
ようやく素性が分かりました。なるほどね。
いとう先生やクリス先生には親しみを感じるのに、
他のセレブ先生とはあんまりお友達になりたい印象を抱かないんですよね・・・残念ながら。
やっぱり、地金がセレブな由緒正しい人たちと、
2世という所謂成金的なセレブとの違いなのでしょうか・・・。
さてさて、スタジオの方は、いつものクイズ&高額グッズ紹介。
春日さんへの「出ていけ」」コール、みんな楽しそうですね。
高額グッズは、PR用に作ったのか本気で売ろうとしているのか
甚だ疑問な数々が登場しましたが、ガチのくじで、いずれもザキヤマさんがお試し。
ラーメンのコメント、もうちょっとプラスアルファの味の紹介が欲しかったよー。
実は、内村先生並みに味への表現が乏しい人なのかも(苦笑)。
若林さんのスターコントもありました。
展開はマンネリ化してますが、あのスターの椅子は毎回若林さんが家から持ってきてる
ということに驚きました。番組の小道具扱いなのかと思ったら、
ちゃんと誕生日プレゼントとして自分で使ってるんですね(笑)。
VTRは、若手芸人ではなく八乙女君&春日さんのコンビでロケ。
芸人さんが行くよりは興味を持てましたが、なんだか凄い唐突感。
次回のロケはトータルテンボスのようでしたし、今回だけなぜ???

『世界の果てまでイッテQ!』(2012年2月19日放送)
アコンカグア登頂で2時間SPです。
確かに、これ一本で2時間行けるだけの撮れ高でしたね。
バラエティ的には、石崎Dが画面上でも編集でも頑張ってましたが、
普通にこの放送を見てる人は、笑いよりも感動を重視するんでしょうね。
うーん、お笑いファンとしてはやっぱり不満。
ただ、今回は、天候やルートを判断する場面でのプロのお仕事を見せてもらい、
そこは、海で潜っている人間としては勉強になりました。
常に様々なリスクを想定し、また、トラブルが発生した時に
助けられるか否かで行動を決定するというところが、流石です。
最後、頂上まで200mのところで撤収を決定したのも、見ていて納得。
イモトさんは悔しかったでしょうが、登山に対する誤ったメッセージを
番組が流してしまうよりも、よっぽど意味のある放送だったと思います。
自然を相手にするというのは、こういうことなんだと。
また、石崎Dが最後まで元気という不思議現象が発生。
しかも体調が思わしくないイモトさんを気遣ったり、説得したり。
これまでは自ら道化役として演出してましたが、
今回の放送では、やっぱり人気番組の看板コーナーを背負っている
ディレクターとしてのデキるところを垣間見た気がしました。


イマジン ~ミレニアム・エディション~ ( リミックス&デジタル・リマスタリング盤 )イマジン ~ミレニアム・エディション~ ( リミックス&デジタル・リマスタリング盤 )
ジョン・レノン

EMIミュージック・ジャパン 2000-02-16
売り上げランキング : 117229

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Santa Fe 宮沢りえSanta Fe 宮沢りえ
篠山 紀信

朝日出版社 1991-11
売り上げランキング : 12318

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アコンカグア山頂の嵐アコンカグア山頂の嵐
チボル セケリ Tibor Skelj

海山社 2008-10
売り上げランキング : 1065908

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<教科書SP&S革 | メイン | 『いつかどこかで。』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3251-400dd947
| メイン |