FC2ブログ
『平面いぬ。』
- 2013/03/19(Tue) -
乙一 『平面いぬ。』(集英社文庫)、読了。

著者の作品に対するイメージと、タイトルの語感から
なんとなくホラーちっくな作品を思い浮かべていたのですが、
表題作は、腕に彫った可愛らしい犬の刺青が動き出すというお話。

他の作品も、物語の作り方によってはホラーになりそうな題材でしたが、
どちらかというとファンタジー寄りなテイストに仕上がってました。
「石ノ目」だけは、じとっとした雰囲気でしたが・・・。

「BLUE」も、人間の利己的な部分を描いているのですが、
なんだか温かい雰囲気でのエンディングとなりました。
人間だけでなく、おもちゃのエゴまで出てきて、結構ドロドロしてたんですけどね。

というわけで、何となく、物足りないところも・・・。
もっとガッツリいやーな情景を描いてくるのかと期待していたので。



平面いぬ。 (集英社文庫)平面いぬ。 (集英社文庫)
乙一

集英社 2003-06-20
売り上げランキング : 238057

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  乙一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『いつかどこかで。』 | メイン | 『名残り火』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3250-6ecfec0b
| メイン |