FC2ブログ
『ジェネラル・ルージュの凱旋』
- 2013/03/13(Wed) -
海堂尊 『ジェネラル・ルージュの凱旋』(宝島社文庫)、読了。

『ナイチンゲールの沈黙』と対になる本ということで、
早速、こちらも読んでみました。

ナイチンゲールが小児科の話なら、
本作は、同時期に進行している救急救命側のお話です。

ま、冷静に考えたら、殺人事件と贈収賄事件が同時進行している病院なんて
通いたくないのですが(苦笑)、大きな混乱もなく、2つの話を進められるなんて、
その構成力は素晴らしいです。

しかも、方やファンタジー系、こちらはガッツり医療現場を描く社会派。
同じ病院を舞台にしながら、様々なジャンルの作品を書けることも
凄いことだと思います。

これまで読んだ3つの作品の中では、一番読みごたえがあったかも。
死んだ、殺した、隠したみたいなサスペンスよりも、
社会問題を抉っている分、重厚な仕上がりになっていたと思います。

また、物語の展開の大部分が、ナントカ委員会の議場だったり、
もしくは病院長などとの下ネゴであったりと、
大学病院の非常に官僚的な面をこれでもかというぐらい描いているのですが、
そこで交わされる言葉の応酬が、これまたウィットに富んでいて、
しかも、論破する過程は爽快なぐらいです。
会議の描写ばっかりなのに、こんなにワクワクする作品は初めてかも。

ま、最後、きれいに終わらせ過ぎた感じもしますが、
また、新たな問題が湧きあがってきたところで本作は終わってしまったので、
次のシリーズが楽しみです。


ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)
海堂 尊

宝島社 2009-01-08
売り上げランキング : 28365

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)
海堂 尊

宝島社 2009-01-08
売り上げランキング : 30145

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  海堂尊 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『オシムの言葉』 | メイン | S革&Q>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3247-5e84b6d5
-本 「ジェネラル・ルージュの凱旋」-
海堂尊さんの人気シリーズの第三弾、映画を先に観ていましたが、原作の方をやっと読み …
2013/06/01 22:33  はらやんの映画徒然草 ▲ top

| メイン |