FC2ブログ
『緋色の囁き』
- 2013/02/16(Sat) -
綾辻行人 『緋色の囁き』(講談社文庫)、読了。

学園ミステリーと思っていたのですが、
謎解きよりもサイコホラー的な要素が強い作品でした。

数日間のうちにどんどん殺人が起きていくので、
読む手を止められなかったのは確かなのですが、
「赤」「血」の幻想的な回顧シーンを挿入する思わせぶりな演出は、
あまり私の好みではありませんでした。
その思わせぶりな内容も、なんとなく途中で推測できてしまいましたし。

女性作家がこの作品を描いていたら、
なぜ綾さまの取り巻き連中がごっこ遊びから抜けられなくなったのかというような
「学園もの」としての観点にスポットを当てたのではないかと思い、
そういうジャンルで本作を読んでみたかったなぁと思ってしまいました。


緋色の囁き (講談社文庫)緋色の囁き (講談社文庫)
綾辻 行人 津原 泰水

講談社 1997-11-14
売り上げランキング : 128251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  綾辻行人 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ミッドナイト・イン・パリ』 | メイン | 『踊る陰陽師』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3219-72c722ba
| メイン |