FC2ブログ
『誘惑のアフロディーテ』
- 2013/02/09(Sat) -
『誘惑のアフロディーテ』

本日2本目のウディ・アレン作品。

養子を取ることにした夫婦。
やがて大きくなり、利発でユーモアあふれる子供に育ったとことから、
子供の本当の親がどんな人物なのかに興味を持ってしまう主人公。
その子の母親は娼婦であることが分かり、やがて、主人公はその部屋に出入りを・・・。

冒頭、ウディ・アレンが赤ん坊を「かわいい」連発であやしたり、
小さな子供の面倒を見たりするシーンが続き、とてつもない違和感!(爆)
とんでもなく斬新な作品になるのかと思いきや、
やっぱり、子供そっちのけで話は進んでいきました。ある意味、安心感(笑)。

夫婦仲が上手くいっていない主人公は、
娼婦の部屋に出入りし、娼婦業から足を洗うように、あれこれ画策します。
このあたりのストーリーの屈折の仕方が、ウディ・アレン的で好きです。

ギリシャ悲劇『オイディプス王』を挿入し、
物語にメリハリをつけたところも、面白かったです。
合唱隊隊長や預言者が現代世界に現れたりして、その味付けもお見事。
そういえば、野村萬斎さんと麻実れいさんで演じられた舞台、見に行ったなー。

娼婦を演じたミラ・ソルヴィノがアカデミー助演女優賞を獲ったそうですが、
なんとハーバード大出身なんですね。
そんな彼女にぶっ飛んだ娼婦役をやらせるとは!
彼女の明るいキャラクター、好きでした。

破壊的なラストになるのか、上手く収まるのか、どうするのかなぁと思いましたが、
なんとも強引にキレイにまとめましたね。
ま、たまには、こういうのも良いかも。


誘惑のアフロディーテ ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD]誘惑のアフロディーテ ―デジタル・レストア・バージョン― [DVD]
ローバト・グリーンハット

角川書店 2011-06-24
売り上げランキング : 6054

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オイディプス王 アテネ公演 [DVD]オイディプス王 アテネ公演 [DVD]

角川エンタテインメント 2005-02-25
売り上げランキング : 42034

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  ウディ・アレン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『落語娘』 | メイン | 『ニューイヤーズ・イブ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3210-46b979fc
| メイン |