FC2ブログ
『朝日のようにさわやかに』
- 2013/02/06(Wed) -
恩田陸 『朝日のようにさわやかに』(新潮文庫)、読了。

年末に行った古本屋に恩田作品がたくさん並んでいたせいで、
積読の恩田作品が多くなり、最近、結構な頻度で読んでます(苦笑)。

本作は短編集でした。
かなり作品の幅が広くて、最初は、まとまりの無さが気になっちゃいました。
でも、全体を通すと、いろんな恩田作品が楽しめて、お得だったかのかな。

ホラー系の作品とか、結構、新鮮な感じで面白かったです。
「淋しいお城」とか、子供に辛辣ですねぇ。

あと、同窓生が久々に集まる「楽園を追われて」などは、
最近、面白さが分かってきたような気がします。
大学卒業10年を超えると、友達の安心感みたいなものが一層感じられて、
深く納得してしまう自分が居ます。
というか、こういう飲み会がしたいという、切実な感想なのかも。

あと、ショートショートについては、
最後の一行の効果があんまり伝わってこなくて残念でした(苦笑)。
狙いは分かるのですが・・・。

他の長編小説と繋がっていそうな作品もありましたが、
ま、そこまで恩田作品に没頭しているわけでもないので、
個々の作品単位でみて、全体としては楽しめたかな・・・という感想です。



朝日のようにさわやかに (新潮文庫)朝日のようにさわやかに (新潮文庫)
恩田 陸

新潮社 2010-05-28
売り上げランキング : 385865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  恩田陸 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<『針女』 | メイン | 『猫鳴り』>>
コメント
-タイトルから推測-
《あと、同窓生が久々に集まる「楽園を追われて」などは、
最近、面白さが分かってきたような気がします。》

 会社、家族等のコミュニティを「楽園」ととらえて、「同窓会」という利害関係とは無縁の場所に救いの場を求めることを「追われる」という意味で捉えているのでしょうか?
 タイトルと記事だけの推測ですが・・・・
2013/02/07 11:16  | URL | タケゾウ #-[ 編集] |  ▲ top

--
タケゾウ様

CMありがとうございます!
「楽園を追われて」は、このタイトルの小説を同級生が書き遺したという設定なのですが、
何分、「下手な小説を書く男」という位置づけなので、
結局、タイトルが何を指しているのかは曖昧なままで(笑)。
でも、そのフワフワしたところが面白かったです。
2013/02/07 21:22  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3205-4c6a6673
| メイン |