FC2ブログ
『三月は深き紅の淵を』
- 2013/01/20(Sun) -
恩田陸 『三月は深き紅の淵を』(講談社文庫)、読了。

『三月は深き紅の淵を』というタイトルの本を巡る4つの話。
しかし、4つの話には関連がなく、また4つの話で語られる
『三月は深き紅の淵を』は、ぞれぞれ全く違った作品になっています。
非常に不思議な仕掛けの物語。

でも、第一章で語られる第一章における『三月は深き紅の淵を』の4つの章の内容と、
この作品自体が持つ4つの章が、直接的には関連はないのですが、
なんとなく同じような雰囲気を感じ取りました。
不思議なリンク構造。

1つ1つの物語でいうと、
第1章は、舞台となる高輪の大豪邸に集う読書マニア4人のキャラは面白かったのですが、
イマイチそれを活かしきれないまま話が尻すぼみに終わってしまった印象。
でも、第2章に読み進めると、第1章がこんな内容だったことをなんとなく納得。

第1章とのつながりがどうなっているのか気になっているのに、
それに応えてくれない著者(笑)。
そのつれない感じが、続いての第3章へと誘ってくれます。
第2章は、家族の血(血脈)という問題を取り上げてますが、
気持ち悪い・・・でも、読みたい・・・・。
この章も主人公たちが魅力的で読み進められました。
ちょっと推理の部分は、視野が狭くて決めつけ過ぎな気がしましたが(苦笑)。

第3章では、異母姉妹の女子高校生という、これまた不気味な関係を描きます。
人間の持つ表と裏、怖いです。
表が美しい人ほど、裏側が怖いです。

そして、最後の第4章。
正直、この世界観は、私の苦手な恩田ワールドでした。
これを楽しめるかどうかが、大ファンになるか、一読者で終わるかの分かれ目な気がします。
私はやっぱり後者でした。
でも、読み進める手を止められないという点では、最後までエネルギーをもつ作品でした。


三月は深き紅の淵を (講談社文庫)三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
恩田 陸

講談社 2001-07-13
売り上げランキング : 124676

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『長ぐつをはいたネコ』 | メイン | 『人生、負け勝ち』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3191-082929f8
| メイン |