FC2ブログ
『東京奇譚集』
- 2013/01/14(Mon) -
村上春樹 『東京奇譚集』(新潮文庫)、読了。

久々に春樹さん。
ちょっと不思議なお話を集めた短編集です。
読み進めるにつれて、だんだんと不思議度が上がっていくため、
ふわふわとした浮遊感を感じることができ、面白かったです。

「偶然の旅人」のような、
全く関係のない2つの世界が、とあるキーワードで結び付けられてしまうことって
あるような気がします。例えば・・・という自分の事例では思いつきませんが(苦笑)。
こういう物語って、仮に事実だったとしても、小説にはしにくいものだと思います。
「そんな偶然あるかぁ?」「都合よすぎじゃない?」「なんで敢えてそんな展開?」と
どうしても疑問が先に立ってしまうでしょうから。
でも、この作品には、「そういうこともありそうだな」と思わせる説得力がありました。

「ハナレイ・ベイ」や「日々移動する腎臓のかたちをした石」など、
登場人物が魅力的な作品も多く、一気に読めました。

「どこであれそれが見つかりそうな場所で」も、面白く読んだのですが、
ちょっと結末が飛んじゃった印象で、私には付いていけませんでした。
これが春樹さんの世界観なんだろうなぁとは分かりつつも、
自分が苦手としているところです。

「品川猿」も、奇想天外な着想に驚きながらも、楽しめました。


東京奇譚集 (新潮文庫)東京奇譚集 (新潮文庫)
村上 春樹

新潮社 2007-11
売り上げランキング : 42422

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  村上春樹 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<『ウソツキは結婚のはじまり』 | メイン | 『チーム・バチスタの栄光』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3183-bb5a20bc
-東京奇譚集 村上春樹-
何かを喪失し、受け入れようとする不思議な短編が5作品。 最初に、僕(村上春樹)は小説家だから話はみんな「作り話」であるとみなされてしまうらしい。 ・・・これまでに体験し... …
2013/07/21 23:21  読書ができなかったわたしの読書記録 ▲ top

-東京奇譚集-
拝啓 「東京奇譚集」 見慣れた世界の一瞬の盲点。 これは、見慣れた世界の一瞬の盲点にかき消えたものたちの不可思議な運命を辿る5つの物語。 ◆偶然の旅人 ◆ハナレイ・ベイ ◆どこであれそれが見つかりそうな場所で ◆日々移動する腎臓のかたちをした石 ◆品川猿 … …
2018/07/21 01:02  本記 ▲ top

| メイン |