fc2ブログ
『いつか記憶からこぼれおちるとしても』
- 2013/01/05(Sat) -
江國香織 『いつか記憶からこぼれおちるとしても』(朝日文庫)、読了。

裕福な家庭の子供が通う女子高が舞台。
10人の女子高生の日常を描いた連作短編。

この「裕福な」というところが味噌。
決して「いじめ」や「校内暴力」といった乱暴な行動には辿り着かないのですが、
では、みんな幸せかというと、なんだか空疎な印象に満ちています。

むしろ、「いじめ」がある世界の方が、悩みや苦しみが濃密で、
生きている感じを受けてしまうほどに、この作品の世界は、空っぽな感じがします。
ただ、時間をつぶすために毎日を生きているような。
大人になってから振り返ると、いったい彼女たちはこの頃の何を思い出すのだろうかと
不安に感じてしまうものがあります。
だからこそ、このタイトルには納得。

重松清の学校を舞台にした本を読んだばかりだったので、
その世界観と比較しながら読んでいる自分が居ました。

どちらの作品にも出てきたのは、「みんな」って何?という問いかけ。
「いじめ」はないけど、どこか「孤独」。
学校社会って、難しいですね。

作品はとても面白かったです。


いつか記憶からこぼれおちるとしても (朝日文庫)いつか記憶からこぼれおちるとしても (朝日文庫)
江國 香織

朝日新聞社 2005-11
売り上げランキング : 60838

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  江國香織 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『田村はまだか』 | メイン | 内さま>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3172-f0658ef6
| メイン |