『ゴーストライター』
- 2012/12/30(Sun) -
『ゴーストライター』

冒頭、夕暮れのフェリーが到着した島の港で、
ただ1台だけ運転手が現れずに置き去りにされる乗用車・・・。
なかなか味のあるシーンで物語はスタートします。

元英国首相の自叙伝のゴーストライターに雇われた主人公。
しかし、面接で即採用された帰り道に、早速物盗りに襲われます。
そこから、小さな不審の思いを抱きながらも、米国に滞在する元首相のもとへと向かいます。

この元首相が住んでいる家の佇まいが、
うらさびれた島に、近代的な建物、そして、不順な天候。
これでもかというほどに、怪しい雰囲気を漂わせています。
こういう雰囲気に酔える良質のサスペンスです。

元首相への取材を始めた途端に、イスラム過激派のテロ容疑者に対する拷問の容疑で
元首相の周辺はあわただしくなり、逆に時間を持て余した主人公は、
急死した前任者の謎に引き寄せられるかのように、
手がかりを見つけてしまいます。

このあたりの展開は、やや都合がよいという気もしましたが、
まぁ、真相がアレなので、それまでは上手く誤魔化されていたということなのでしょうかね。
でも作品の持つ雰囲気で、そんなに気にせず見ていけました。

最後、物語の真相に辿り着くシーンは、
黒幕側が公衆の面前で会話を交わしていて、それは流石に油断し過ぎだろう!
と突っ込んでしまいましたが、ま、ラストシーンに繋げるには、
こういう急展開の方が、その組織の恐ろしさを暗に示せるのかもしれませんね。

全体を通して、雰囲気を楽しめる重厚な作品でした。


ゴーストライター [DVD]ゴーストライター [DVD]

Happinet(SB)(D) 2012-02-02
売り上げランキング : 12088

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  ユアン・マクレガー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『64』 | メイン | S革&教科書&Q>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3163-16f43124
| メイン |