FC2ブログ
『不恰好な朝の馬』
- 2012/11/30(Fri) -
井上荒野 『不恰好な朝の馬』(講談社文庫)、読了。

とある町を巡る人々の生活を切り取った連作短編集。

作品ごとに主人公が変わっていきますが、
その1人1人は、どこかアンバランスなものを抱えています。
ところが、その周囲にいる人たちも、これまたアンバランス。
結果、アンバランス同士が、奇妙なバランスのもとで生活を送っています。

かといって、そのアンバランスさを無暗に崩してしまうのでもなく、
ある意味、淡々と描かれていきます。
これもまた不思議なバランス感覚。



不恰好な朝の馬 (講談社文庫)不恰好な朝の馬 (講談社文庫)
井上 荒野

講談社 2011-03-15
売り上げランキング : 564236

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  井上荒野 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『気張る男』 | メイン | 『警察庁から来た男』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3138-cd4bd1eb
| メイン |