FC2ブログ
『御社の営業がダメな理由』
- 2012/11/12(Mon) -
藤本篤志 『御社の営業がダメな理由』(新潮新書)、通読。

スーパー営業マンを求めても、そんな人材はなかなかいない。
むしろ、普通の営業マンに如何に働いてもらうかが大事!

要は、まじめに働けっ!って本です。

言っていることは正しいと思うのですが、
新書一冊を使って語るほどの内容かなぁ・・・と感じてしまいました。

ま、でも、スーパー営業マンを求めてしまう経営者には、
これぐらい諄々と説かないといけないのかもしれませんね。


御社の営業がダメな理由 (新潮新書)御社の営業がダメな理由 (新潮新書)
藤本 篤志

新潮社 2006-05-16
売り上げランキング : 208864

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<『ナショナリズムの克服』 | メイン | 内T&S革>>
コメント
-はじめまして-
はじめて書き込みさせて頂きます。
営業というのは積極的に「売り込む」ことが仕事のように見えますが、実は顧客からの指示を的確にこなす、要望に対して素早く対応する等、実は当たり前のことを当たり前にこなすことで信頼感を得ることが大切なのだと思います。売り上げを上げることよりも、信頼を失わずに売り上げを「下げない」事のほうが大事なことのような気がします。(営業の種類によってですので、個人宅へのセールスのようなものにはあてはまりませんが)
 経営者の人たちは月数百万売るようなスーパー営業がいれば確かに楽でしょうが、これが営業の本当の姿なのではないかと思います。
2012/11/17 14:27  | URL | タケゾウ #-[ 編集] |  ▲ top

--
タケゾウ様

CMありがとうございます。
確かに、当たり前のことを当たり前のようにこなすことが、信頼を得るには一番の方法なのでしょうね。
スーパー営業マンも、華やかな実績の裏側は、こういう1つ1つの積み重ねのような気がします。
2012/11/18 01:15  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3120-01d6a1a9
| メイン |