FC2ブログ
『大ぼけ小ぼけ』
- 2012/10/30(Tue) -
阿川弘之 『大ぼけ小ぼけ』(講談社文庫)、読了。

阿川佐和子さんのお父様という前知識しかない状況で読んだのですが、
思いのほか楽しめました。

最初は、歴史的仮名遣いの文章に戸惑い、
また思想が偏っていたらどうしようかと感じましたが、
やや偏屈なところがあるにしても、それを楽しめました。
遠藤周作氏との軽妙なやり取りが良いです。

ちょっと驚いたのは、エッセイにおいて毒を吐くだけでなく、
実際に行動してしまうところ。
『レッド・オクトーバーを追え』の翻訳本を読んで、
誤訳に気づいたら奥付の発行者(つまりは役員様)に電話して指摘をし、
役員、翻訳者、編集者をが家にやってくる事態に。
気づいたら指摘しなければいけないという使命感にも似た思いが凄まじいです。

ま、それだけ影響力のある凄い作家さんということなんでしょうね。


大ぼけ小ぼけ (講談社文庫)大ぼけ小ぼけ (講談社文庫)
阿川 弘之

講談社 1992-08
売り上げランキング : 601135

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

レッド・オクトーバーを追え (上) (文春文庫 (275‐51))レッド・オクトーバーを追え (上) (文春文庫 (275‐51))
トム・クランシー 井坂 清

文藝春秋 1985-12
売り上げランキング : 117005

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  阿川弘之 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『あ・うん』 | メイン | モネアSP&S革>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3099-b9c00ca8
| メイン |