FC2ブログ
テンション&S革
- 2012/10/20(Sat) -
『テンションあげまSHOW』(2011年8月30日放送?)
MCが言うとおりの信じられないタイトルの特番(苦笑)。
ケンコバさんとダブルMCで、テンションの上がるであろうシチュエーションを紹介し
審査員が点をつけるというもの。
VTR見るだけでスタジオで実物を紹介しなきゃ、テンションあがらんだろうに・・・
という初歩的な突っ込みを入れたくなる、変な番組でした。
スタッフ側がやけにテンション高い・・・と内村さんが愚痴ってましたが、
ナレーションの柳原さんを通じて、その空回り感が出てしまってるように思いました。
MCも審査員も、それに付いていけていないような。
テンションが上がるシチュエーションの選び方も、なんだか良くわからず。
MCの2人に適当にアンケート取ったために、入れざるを得なくなったテーマも
あるのではないかと推測(「誰~だ」とか、「胸への一撃」とか)
「陶芸の巨匠の失敗作を割る」「開かずの箱を開ける」というような面白いネタがあっただけに、
その演出の不甲斐なさが残念な番組でした。
金子哲雄さんが審査員で出ていたのが、なんだか切なかったです。

『スクール革命!』(2011年9月4日放送)
セレブ学第2弾ということで、いとうあさこ先生と有村昆先生。
今をときめく有村先生ですが(苦笑)、この人苦手・・・・。
キャラではなく、ピュアにおバカな感じがして、話についていけないです。
なんだか、J組の生徒さんたちも突っ込みにくそうな感じで。
痛い人を見るようなまなざしが・・・・(苦笑)。
さて、いとう先生の偽セレブ疑惑はいつもの通り。
高知先生の無茶ぶりも、内村先生のなで斬り進行も、面白かったです。
いとうさんの実力を信頼しているからこそ、なせる業ですね。
優木まおみちゃんの、ある意味、非常に素直な感想も光ってました(笑)。
今回は、薔薇の水を飲んだり(美味しくなさそう・・・)、
春日さんの家の布団に寝たり(不衛生そう・・・)、大活躍です。
というか、ザキヤマさんさえ断ったほどの春日さんの布団に寝るなんて、これぞ芸人魂です。
ところで、「セレブ」と言われてこういう番組に出てくる有村先生や、その他取材対象の方々は、
「セレブ(笑)」という扱いになることを分かって出てるんでしょうかね?
それとも・・・・、これもセレブのピュアさのなせる業なのかしら?


おぼっちゃまくん (1) (幻冬舎文庫)おぼっちゃまくん (1) (幻冬舎文庫)
小林 よしのり

幻冬舎 2001-12
売り上げランキング : 60722

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Q&S革 | メイン | 『仕事の8割は人に任せなさい!』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3085-5bc7999d
| メイン |