FC2ブログ
『幻の翼』
- 2012/10/14(Sun) -
逢坂剛 『幻の翼』(集英社文庫)、読了。

衝撃を受けた『百舌の叫ぶ夜』の続編ということで読んでみました。

新たに事件が起きるのかと思いきや、
何と前作の事件の続き、復讐譚として話が展開していきます。
これには正直、面食らいました。

第一作に衝撃を受けたとはいえ、話の展開はすっかり忘れてしまっています。
なのに、本作では第一作の振り返りを冒頭で新聞記事形式で紹介する程度で、
その後はずんずん話が進んでいってしまうのです。
誰がどうなったのだかが、さっぱり思い出せないまま話が進んでいくので、
置いてきぼりを食らった感が、ずーっと続いてしまいました。

しかも、主人公たちの感情が非常に前のめりで、
対する悪徳病院側は、病院とは思えない非情な行為を日常的に繰り返しています。

なんだか、そこにもリアリティのなさを感じてしまいました。

ハードボイルド小説で、展開が速いので、ぐいぐい読めはするのですが、
なんだか、すんなり頭に入ってこない作品でした。



幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫)幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫)
逢坂 剛

集英社 1990-08-18
売り上げランキング : 92503

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  逢坂剛 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『憑神』 | メイン | 『ブルーもしくはブルー』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3082-ce89530f
| メイン |