FC2ブログ
『座右のゲーテ』
- 2012/09/23(Sun) -
斎藤孝 『座右のゲーテ』(光文社新書)、読了。

ゲーテ・・・・あまりに凄過ぎて、私的にこれまで手付かずの偉人です。
「もっと光を!」ぐらいしか分かりません。
ま、この言葉は、「窓を開けてくれ」の意味だったらしいですが・・・。

さて、売れっ子・斎藤孝先生によるゲーテの解説本。
『ファウスト』などに行ってしまうのではなく、
ゲーテが書きとめた「生き方のヒント」を、易しく解きほぐします。
このあたりの目の付け所が、さすが売れっ子。

「ゲーテ」という高名な人の言葉に触れること自体が
なんだか自分が賢くなった気持ちにさせてくれるという錯覚(苦笑)を、
うまーく利用して本にしてますよね~。

誰か、「斎藤孝」という人物の活動を、
マーケティングの観点で分析してくれませんかねぇ。
とっても役に立つマーケティング本になると思います!

という余談ばかりで何ですが、
本作は、読みやすく、ゲーテの教えも、われわれ凡人の日常に適用しやすい
極めて普遍的なものに絞って解説されているので、分かりやすかったです。

ゲーテの作品よりも、人生哲学のほうに興味を持ちました。


座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)
齋藤 孝

光文社 2004-05-15
売り上げランキング : 31300

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  ゲーテ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『たのしい仏像のみかた』 | メイン | 『恋とニュースのつくり方』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3055-6ee4923a
-『座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本』-
座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)齋藤 孝 (著) 光文社 2004-05-15Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 座右のニーチェ (光文社新書) 座右の諭吉 才能より決断 (光文社新 …
2012/09/23 16:54  雨読夜話 ▲ top

| メイン |