FC2ブログ
『奪回者』
- 2012/09/11(Tue) -
グレッグ・ルッカ 『奪回者』(講談社文庫)、読了。

なんで本作を買って来たのか、ちっとも覚えていないのですが(苦笑)、
きっと、P.コーンウェルみたいな作家を探そうとしていたものと思われ。
ま、それが目的であったならば、失敗したんですけど。

元・陸軍兵士のボディガードが主人公。
上司だった陸軍大佐の娘を、英国特殊部隊の手から守るという物語。

なんだか、どの登場人物にも肩入れできずに
淡々と話が終わっていった印象です。
ハードボイルドものに慣れていないせいなのかもしれませんが・・・。

そもそも、訳文の会話文体がしっくり来なくて・・・。
女性なのにぶっきらぼうな男言葉を使う人が出てきたり、
他の女性たちも、なんだか女性らしくなくて。

物語そのものも、軍隊崩れの面々のドタバタを好む人には良いのかもしれませんが
なんだか、伏線もなにもあったもんじゃなく、
攻撃して、攻撃して、攻撃して、というのを繰り返しているだけな気がして、
あまり楽しめませんでした。

ま、これは、当てもなく本作を買ってしまった自分の責任ですね。


奪回者 (講談社文庫)奪回者 (講談社文庫)
グレッグ・ルッカ 古沢 嘉通

講談社 2000-11-15
売り上げランキング : 88929

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『野村再生工場』 | メイン | 『アルキメデスは手を汚さない』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3036-d7c4520d
| メイン |