FC2ブログ
『祝山』
- 2012/08/24(Fri) -
加門七海 『祝山』(光文社文庫)、読了。

先日読んだ加門ホラーが不発だったので、
評判が良さそうな本作で再挑戦。

いやー、怖いわ!

物語は、遊び感覚で肝試し行った連中が祟りを受け、
主人公がそのドタバタに巻き込まれるという至ってシンプルなものですが、
主人公が感じる恐怖の感覚をじっとりと描いていて、先を読むのが怖いんです。

肝試しに行ったみんながどんどん加速度的におかしくなるのではなく、
時々おかしくなるというのが、またリアリティがあって怖い。
何が現実なのか、境目が分からなくなる感覚があります。

主人公の立場を使って、心霊現象や肝試しといったものへの
著者の強い思い、主張が冒頭から書き込まれていて、
最初は、随分と肩に力が入ってるなーと邪魔に感じたのですが、
その信念が、物語の展開とともに土台になっていく感じで、
次のページをめくる後押しになっていました。

あと、先日読んだ別の作品でも感じたのですが、
加門ホラーは「異臭」「悪臭」というのが印象に残ります。
他のホラー作品は分からないので比較は出来ませんが、
目に見えないけど臭いだけが漂ってくるというのは、
想像力を掻き立てる怖さがありますよね。

「著者の実体験を下敷きにした・・・」って裏表紙には書いてありますが、
どこまでは実体験なのでしょうか・・・。
こんな騒動に巻き込まれるなんて、御免だわー。


祝山 (光文社文庫)祝山 (光文社文庫)
加門 七海

光文社 2007-09-06
売り上げランキング : 43744

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  加門七海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『まぶた』 | メイン | 『象と耳鳴り』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3024-f678cd5c
| メイン |