FC2ブログ
- 2012/08/19(Sun) -
『世界の果てまでイッテQ!』(2011年7月10日放送)
お祭り男は、アメリカのつるつるポール祭に参加しますが、
なんと「ギックリ首」で宮川さんは動けず。
ていうか、ギックリ首って何なの???
代理で登場したのが武井さん。
うーん、彼は、一生懸命なのは伝わってくるのですが、
目の前のことをクリアするのに精一杯で、先の展開を気にする余裕がないんですよねー。
哲ちゃんが練習一発目の回転しながらの落ち方にコメントしてましたが、
あれがヤマ場でしたねー。
このふがいない状況に危機感を覚えたのか、宮川さんが首の怪我をおして挑戦。
無理するなよーって思っちゃいましたが、途中で落下。
結果は伴わなかったですが、番組的に、スローモーションにして期待を煽る演出を
なんとかできるだけは進んで見せるところに、お祭り男としてやってきた意地が。
というか、こういうことができる器用さが無いと、コーナーもてないんでしょうね。
後半は、哲ちゃんによる男の挑戦シリーズ。
人間ミルククラウンを作るという、何なんだその発想!?という企画です。
これは、協力してくれそうな面白先生を見つけてからネタを考えたんでしょうかね?
出川ガールは、2度目の登場、河北麻友子さん。
相変わらずの段取りの悪さに、「何でこの子なんだよー」と思ってしまいましたが、
いざ挑戦する段になると、体が思うように動かない出川さんに代わり、
なんと自ら全身タイツを着てプールに飛び込む役をやります。しかも何回も。
このガッツには驚きました。
あとは、もうちょっと笑いの段取りが踏めるようになってくれれば、
出川ガールとしては良い人材に成長するかも。
あと、ウォームアップでやってた片栗粉の実験が面白かったです。
水溶き片栗粉の上をテンポ良く走ると、足が沈まずに前に進めるんですね。
こちらも、成功した出川さんと、失敗した河北さんの対比で、良く理解できました。
理科の実験としても面白かったです。

『世界の果てまでイッテQ!』(2011年7月17日放送)
ようやく日の目を見たイッカクの企画。
イモトさん、2日間のロケでイッカクの水中映像を撮ろうだなんて、無理ですよ・・・。
プロジェクトQになった段階で、イモトさんが不要なロケなんだなと分かってしまいました。
珍獣ツアーもそろそろ正念場か!?
その後、再度取材に行ったスタッフが撮ったのは、イッカクのメスの映像。
つまり角が無い・・・。
ま、映像の衝撃度としては低いのかもしれませんが、
私は、なんだか、この映像に映ってたイッカクの表情が、
一瞬人間の顔のように見えて怖かったです。なんとなく人面アザラシみたいな。
あと、最後のCG処理はネタとしてやりすぎ・・・。
後半は、森三中のご褒美ツアーで地中海バカンス。
どこの海もキレイでしたねー。人間がうじゃうじゃ居たけど。
ところで、『紅の豚』のモデルとなった場所は、小笠原諸島の南島だと思ってたのですが、
どちらの情報が正しいんでしょうかねぇ?
そして、やたらと機嫌が良かった黒沢さん。
ま、いいことなんですけど、躁鬱じゃないよね?ちょい心配。


紅の豚 イメージアルバム紅の豚 イメージアルバム
サントラ イメージ・アルバム

徳間ジャパンコミュニケーションズ 1997-05-21
売り上げランキング : 119754

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<内さま | メイン | 『ガリバー旅行記』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3020-390f50b2
| メイン |