FC2ブログ
UN街&内P
- 2006/05/28(Sun) -
『UN街』(2004年9月14日放送)
フリートークは「内村さん30代最後の日」。
30代最後の食事がラーメンだったことに突っ込む南原さん。
まあ、ある意味、内村さんらしいというか・・・。
食事の後、芝生で体のキレを確認するため
公園の芝生でバク転&バク宙をやってみることに。
分別有る大人なら、たとえ思い付いてもやらないだろうに、
それを実行に移してしまう内村さん。
目をつぶってどれだけ原付を運転できるか試したくなって
田んぼに転落した若かりし頃そのままです。恐るべし。
さて、「マンガグルメ晩餐会」の後編。
前回と比べて独創的な料理が減ったせいか、
見た目のインパクトが小さくなっちゃいました。
テレビじゃ匂いは伝わらないんですよね~。
有野さんとの絡みを見てたら、『ウリナリ』を思い出しました。

『内P秋の引出し王決定戦』(2004年9月20日)
ゴルさんが居ないよ~(ToT)前回優勝なのに~。
パンチの有る一発芸といえばこのお方なのに・・・残念。
さて、今回はお題への回答そのものも良かったのですが、
ネタの間のやりとりが特に面白かったです。
テロップの付け方も◎
辻カメラマンもツボ押さえまくり。
オープニング・トーク、あずちゃんのルール説明に
「ん」と思い相槌を打つ内村P、普段も良くやってるような気がするのですが、
テロップ付だと笑えますね。
最後土田さんも「ん」と言ってたのにはテロップ付けて欲しかったです。
そして、ふかわ君の果敢な挑戦なるも「え、僕?!」で砕け散ったのに爆笑。
さて最初の危機的状況回避バトル。
予想外の出来事「例題実践」に見舞われるふかわさんに、
内村Pの「ぴろろろろぉ」という悲しい笛、いいコンビです。
そしてこのふかわさんの不幸な出来事に驚愕している土田さんに笑。
この番組での土田さんのちょっと引いてるキャラクター好きです。
場所を移して公園のベンチ。
「コントっぽいと喰いついてくる」「やりたいネタしか参加しない」
というわけで内村P自ら参戦です。
一本目きれいにまとめましたが、
そして浴衣トリオの悪巧みの末すかさず2戦目。
「別れ話パート2」ともいうべき連作ショートコントは不発気味でしたが
辻さんの力を借りて何とかまとめてきました。
ドラマ仕立てにもっていけると、この人は強いです。
そして、ふかわさんの作品には
「ダメだったかどうか自分で解るでしょう!」のキツイ一言、爆笑。
目のつけどころは良かったと思うのですが、
バスの中で逆風が吹いていたせいか、
ろくなツッコミもされずに沈んじゃった感じです。
最後、ダジャレ一発芸バトルは、やっぱゴルさん欲しいよ~!
判定不能の事態と諸事情の結果、横一線となり、同点決勝です。
大竹さん優勝は順当なところでしょうか。
満足の一時間でした。
関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<UN街&内P | メイン | 『証拠死体』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/300-d13d2d61
| メイン |