FC2ブログ
『鷗外の婢』
- 2005/07/30(Sat) -
松本清張 『鷗外の婢』(新潮文庫)、読了。

父親の本棚から勝手に拝借。

舞台設定のユニークさ、次の展開を期待させる事実の積み上げ、
清張の小説は一気に読み上げたくなる。

でも、いつも感じるのが、殺人事件部分の描き方が、
他の部分に比べ淡白な(ちょっと物足りない?)こと。

自分は、清張の社会派推理小説の「推理」より「社会」の部分に惹かれている模様。

ま、何はともあれ面白かった。


鴎外の婢
鴎外の婢松本 清張

新潮社 2000
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  松本清張 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Missile Girl Scoot | メイン | 勢いでブログ開設>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/3-97ea5139
| メイン |