FC2ブログ
『二酸化炭素温暖化説の崩壊』
- 2012/07/21(Sat) -
広瀬隆 『二酸化炭素温暖化説の崩壊』(集英社新書)、読了。

ブックオフで本書を目にしたとき、「広瀬隆が温暖化論!?」と一瞬驚いたのですが、
「CO2を排出する火力発電所に比べて原発はクリーンエネルギー」と謳われていた
ことを思い出し、CO2問題は原発問題と近しいところにいると納得しました。

私は、基本的に、「二酸化炭素の排出を減らしても(増やしても)、
地球の気候変化には大した影響を及ぼさない。もっと別な要因が寄与しているはず」
と考えています。つまり、地球全体に対する人間の力はちっぽけであり、
人間などよりももっと大きな、太陽や地球自身の活動の結果だろうと思っています。

なので、本書で著者が展開している「温暖化自体が起きていない」という点には
賛成しかねるものの、「気候変動に与える人為排出の二酸化炭素の影響は小さい」という
点には同意します。

また、「シミュレーションは目標値に向かってパラメータが調整されている」
「研究予算獲得のために都合の良いシミュレーションが作られている」というような
政治的な問題点の指摘(これは自然科学の問題ではない!)や
「人間は毎年異常気象だと騒ぐ習性がある」というような社会学的な問題点の指摘は
私も感じていることであり、納得的です。

しかし、広瀬本の特徴として、数値を出しながら危機感を煽る手法は、やっぱり疑問。
ホッケースティック論争などを取り上げ、確かに、出典の誤りやデータの修正問題は
あったのは事実ですが、事件の調査の結果、誤差はあるもののデータの傾向値としては
合っていて、「結果の捏造」とまでは言えない状況だと判定されています。
本書での糾弾の仕方は、激烈過ぎではないかと感じました。

他も同様。データの部分的な誤りや分析の不十分さを指摘することで、
全てを誤りだと決め付けるような展開は、ミスリードさせる手法だと思います。

そして、最後は、著者にとって本題である(苦笑)、原発問題の話へと進んでいきます。
まあ、原発が温排水を出すことはもともと分かっていたことですし、
むしろ「海洋牧場構想」さえ出ていたぐらいですから、目新しい指摘ではないと思います。

「原発の熱効率は30%しかなく、2/3を海に捨てている!」と主張してますが、
火力だって45%しかないんですよ・・・半分を空に捨てている!(笑)

部分的な数字を取り上げて、主張を展開するのでは、
著者が批判するIPCCと、大して変わらないような気がします・・・。

むしろ、本作で私が深掘りしたいなと感じた観点は、
世間の人々が温暖化問題をどのように捉えているのかという社会学的な調査、
特に、日本でIPCCの各種論争があまり話題にならない理由について。
それと、「30年平均との差」で表されるグラフの妥当性。
「30年平均」って、日本だと10年ごとに更新されているはずなので、
平均との偏差をグラフにしたときに、10年ごとに次のタームに影響が出るのではないか
ということの検証です。

なかなか自分で数字を作って、検証するまでのエネルギーは沸いてこないのですが・・・。


二酸化炭素温暖化説の崩壊 (集英社新書)二酸化炭素温暖化説の崩壊 (集英社新書)
広瀬 隆

集英社 2010-07-16
売り上げランキング : 44172

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  広瀬隆 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?』 | メイン | 『深夜特急1』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2981-0ef114a3
| メイン |