FC2ブログ
『赤ずきん』
- 2012/06/23(Sat) -
『赤ずきん』

赤ずきんをモチーフにしていますが、
人狼という存在を持ち込むことで、中世的な魔の世界が広がっています。

作品全体に雰囲気はあるのですが、なんとなく雰囲気倒れの感が・・・・・(苦笑)。

ものものしくゲイリー・オールドマンが登場してきたことで、
非常に期待値が上がったのですが、
正直、正義の活躍も、悪の横行もないままに、物語から去ってしまいました・・・。
一体彼は何者だったんだよ?
というか、この作品で、どんな位置づけだったんだよ?
ゲイリー・オールドマンの使い方が、非常に勿体ないと感じました。

人狼の存在は、ずっと画面上からは隠したままで、心理的に攻める演出かと思いきや、
意外と早く、中盤で、その姿を現します。
しかし、そのCGが、なんだか、ちゃち(爆)。

見終わった後、Yahoo!で調べたら、
監督が『トワイライト』の人だとわかり、ある意味、納得。
雰囲気重視×物語の筋が弱い×CGがちゃち、全く同じ構図(苦笑)。

主人公を演じたアマンダ・サイフリッドは良かったです。
独特な顔立ちが、作品に神秘的な雰囲気をもたらしていたと思います。


赤ずきん [DVD]赤ずきん [DVD]
キャサリン・ハードウィック

ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-04-25
売り上げランキング : 890

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL |  ゲイリー・オールドマン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ニッポンを繁盛させる方法』 | メイン | 『会計が変わる』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2947-a461b249
| メイン |