FC2ブログ
『江口の里』
- 2012/06/12(Tue) -
有吉佐和子 『江口の里』(中公文庫)、読了。

初期の有吉作品です。

カトリック新婦と芸者の信者、盲目のマッサージ師とその妻など、
ややテーマが硬質なものが目に付きました。
物語展開も、ガチッとした印象を受けました。

それでも、日本舞踊の師範と弟子を扱った「とろろ昆布」などでは、
著者らしい世界が広がっていて、そこはさすがです。

最後に収録されていた「人形浄瑠璃」は、
以前に読んだ本にも入っていたので、重複して残念。


江口の里 (中公文庫 A 21-4)江口の里 (中公文庫 A 21-4)
有吉 佐和子

中央公論新社 1975-08-10
売り上げランキング : 712926

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  有吉佐和子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ケープ・フィアー』 | メイン | 『昭和天皇の妹君』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2934-032a4926
| メイン |