FC2ブログ
『二百年の子供』
- 2012/06/06(Wed) -
大江健三郎 『二百年の子供』(中公文庫)、通読。

よく分からない内容に、途中で半分諦めてしまいました。
最後まで読みはしましたが、流し読みに近い状態です(苦笑)。

物語展開とか、主題とかいう前に、
そもそも主人公3人の存在を、現実味をもって受け止められませんでした。

中学生に、この言葉遣いをさせるということ、
このような思考をさせるということ、
そこにどんな演出、意味があるのか、測りかねました。
共感の糸口を掴みそこないました。

そこからは、過去に行こうが、未来に飛ぼうが、
あまり関心を持つことが出来ませんでした。

うーん・・・・・・。

前回は、本流の大江作品で梃子摺ってしまったので、
ファンタジー小説ならいけるかと思ったのですが、
そんなに甘くは無かったです。


二百年の子供 (中公文庫)二百年の子供 (中公文庫)
大江 健三郎

中央公論新社 2006-11
売り上げランキング : 442142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  大江健三郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『姜尚中の政治学入門』 | メイン | 『鳩を飛ばす日』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2926-0fbdb2b9
| メイン |