fc2ブログ
『押入れのちよ』
- 2012/06/03(Sun) -
荻原浩 『押入れのちよ』(新潮文庫)、読了。

重たい読書が続いたので、軽めの本作を。

表題作は、激安アパートに入居したら
夜な夜な明治生まれの14歳の少女の幽霊が現れるお話。
幽霊のキャラクターが憎めない感じで、面白かったです。

他にも、ホラーな感じの作品がいくつか収録されており、
ゾクッとする描写が、心地よく感じました。

一方、ユーモア系の作品も多数あったのですが、
どうも、私は、その方面は肌に合わないようです。
ベタ過ぎるというか、軽すぎるというか・・・・・。
本作に限らずそう感じるので、著者がユーモア作家として知られているというところに
なんだか違和感を感じてしまいます(苦笑)。

ま、息抜きに、ちょうど良い作品でした。


押入れのちよ (新潮文庫)押入れのちよ (新潮文庫)
荻原 浩

新潮社 2008-12-20
売り上げランキング : 79797

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  荻原浩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ソラリス』 | メイン | 『ツーリスト』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2920-8e36ccef
| メイン |