FC2ブログ
Q&教科書SP
- 2012/05/31(Thu) -
『世界の果てまでイッテQ!』(2011年4月24日放送)
宮川さんのお祭り男は「チーズ転がり祭り」。
伝説の始まりとなった英国の「チーズ転がし祭り」は、危険すぎるということで2年連続中止(爆)。
というわけで、今度は伊国の「チーズ転が『り』祭り」に挑戦。
こちらは、シチリア島の素敵な街並みの中を、チーズを転がしてその投擲数を競い合うという
すごい要素の組み合わせが見られるお祭りです。
宮川さんとタッグを組んだのは、チーズ転がし祭りが中止になって行き場の無いチャンプ(笑)。
あんな鬼の形相で坂道を転がり落ちてる人なのに、普段は、至って大人しい青年。
ちょっと番組的には「あれっ?」って感じの静かさでしたね(苦笑)。
そんな2人が組み、最初の1投目で非常に良い位置につけたのに、
その後、チーズ坂道男が失敗し、道から地下への階段へと落ちてしまいます。
10kgのチーズを3m以上も上に投げ上げるのって、大変ですよね・・・・・。
というわけで、最初に夢は見せてくれたけど、あっけなく終了~。
水族館企画は、ヘコアユ・・・・・きっと日本にもいるゾ!と思いつつ、
まぁ、生態が面白いから良しとしましょう。
一向に、水槽の中がカラフルにならないのが気になりますが(苦笑)。
このコーナーは、ダイバーは楽しめるけど、一般的にどうなんですかね?
もうちょっと核となる構成というか展開が欲しいですね。小芝居でごまかすのではなく・・・。
イモトさんは、また奇人関係。今回は、変人ではなく、ちゃんと鍛えた芸事が多かったですね。
でも、あんまり興味湧かず・・・・。
この回、中島さんがインフルエンザで収録を休んでましたが、それが始まりだったのですね・・・・。

『教科書に載せたい!SP』(2011年4月19日放送?)
レギュラー放送1回目でございます。
番組構成がしっかりしてるので、安心して見られますね。
個々の紹介内容のまとまりの無さが気にはなりましたが、ま、仕方ないですね。
むしろ、専門家が、自分の領域のことを活き活きと語る姿を見せることが、
この番組の役割なのではないかと感じました。
興味関心ごとへの只ならぬ熱意といいますか、情熱といいますか。
なんとなく、学者さんというのは、まじめで、暗くて、退屈で・・・・・・という印象を
世間一般では持っているような気がするのですが、
知の世界の面白さを紹介し、また、その道を極めるということの素晴らしさを
笑いながら、ワクワクしながら、伝えていくというのは、
相応の教育効果があるのではないかと思います。
そういう意味では、『イッテQ!』と根底では繋がっているのかも。
(最近の『イッテQ!』は、その意味では、やや道を外しつつありますが・・・・・・)
そういう役割を担った番組に起用するのは、やっぱりウンナンさんがうってつけのように感じます。
長く続いて欲しいなぁ。あとネタ切れにならないよう頑張って欲しいなぁ。


ヴォイス(初回限定盤)(DVD付)ヴォイス(初回限定盤)(DVD付)
上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト フィーチャリング・ アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス

ユニバーサルインターナショナル 2011-03-16
売り上げランキング : 20400

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

客家(ハッカ)の鉄則客家(ハッカ)の鉄則
高木 桂蔵

ゴマブックス 2005-09-17
売り上げランキング : 405692

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『毛沢東伝』 | メイン | S革&授業SP>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2917-09f5fc0b
| メイン |