FC2ブログ
『戦略的思考とは何か』
- 2012/05/26(Sat) -
岡崎久彦 『戦略的思考とは何か』(中公新書)、読了。

日清戦争~日露戦争~WWⅡを中心に、
日本の周囲の軍事的均衡状態もしくは瞬間的な崩壊の過程を描き、
日本が国防のために取るべき戦略を語ります。

まずは、明治~大正時代の日本の近隣諸国の状況を描いていき、
それぞれの国が持つ思惑を明確にしていきますが、
分かりやすい整理で、読みやすかったです。
研究者の間で一般的に認知されている事項と著者の個人的な判断とが書き分けられていて、
その点でも信頼できる描写です。

そんな環境下で日本がどのように判断してきたか・・・・。
封建社会から一気に近代化を図った明治時代、
なぜそのような急展開が可能であり、また、それを成功しえたのか。
優秀なトップリーダーたちが、思うように国を動かしたから。
この一点に尽きるような気がします。

思うように国を動かしたと書きましたが、
それが、決して一人の傑出した人間による独裁的な判断だったのではなく、
優秀なトップリーダー「たち」が十分な議論をして決めていたところに、
近代日本の強さがあったのだろうと思います。

このような一種独特な合議制が成立しえたことに、
なんと日本という国は幸運だったのだろうかと思わずにいられません。
よく高度経済成長が奇跡として語られますが、
あれは外部環境などのレールに上手く乗った側面も大きいように感じます。
それよりも、日本人自らの力で国を創り動かした明治の時代は、
その後の日本人の様子と比較すると、まさに奇跡だと思います。

全く個人的な感覚論になりますが、
傑出した政治家を生む土壌は、団塊の世代やその直下には無いような気がしていて、
もう一段若い世代から、新生日本を引っ張っていくようなリーダーが
生まれててこないかなぁと期待しています。
ま、自分自身が、そんな他力本願なことではいけないのですが・・・・。



戦略的思考とは何か (中公新書 (700))戦略的思考とは何か (中公新書 (700))
岡崎 久彦

中央公論新社 1983-01
売り上げランキング : 144979

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<内さま | メイン | 『上着をぬいだ天皇』>>
コメント
-Japanese-
日本人に関する '有ること' と '無いこと'。

感性があって、理性がない。
感想を述べるが、理想を語らない。

現実の内容はあるが、考え (非現実) の内容はない。
事実は受け入れるが、真理は受け入れない。

実学 (技術) は盛んであるが、哲学は難しい。
実社会の修復はあるが、理想社会の建設はない。

現実の世界は信頼するが、非現実の世界は信じない。
現実の内容を再現すれば、それは模倣である。
考え (非現実) の内容を実現 (現実化) すれば、それは創造である。
模倣力はあるが、創造力がない。

「今ある姿」を語るが、「あるべき姿」は語らない。
私語・小言は好むが、公言・宣言は好まない。
歌詠みは多いが、哲学者は少ない。

丸暗記・受け売りの勉強はあるが、考える力・生きる力がない。
学歴はあるが、教養はない。
序列判断はあるが、理性判断はできない。

学歴は序列判断の為にあるが、教養は理性判断の為にある。
学歴社会というのは、序列社会の言い換えにすぎない。
序列順位の低いことが恥と考えられている。サムライ社会のようなものか。
理性がなくても「恥を知れ」(Shame on you!) と叱責を受けることのない恥の文化が存在する。

民の声を代弁する議員は多いが、政治哲学はない。
総論 (目的) には賛成するが、各論 (その手段) には反対する。

理想 (非現実) は、現実に合わないと言って受け付けない。
現実の内容を根拠にして、理想を捨てる。
意見は個人個人で異なる。だが、小異を挙げて、大同を捨てる。

恣意 (私意・我儘・身勝手) が有って、意思がない。
恣意の力 (大和魂) に期待をかけるが、意思の力は認めない。
意思決定は困難を極め、多大な時間を浪費する。

「個人の意見は通らない」と言うが、個人を選出する意味が理解できていない。
意思があれば、手段がある。意思がなければ、手段はない。

この国には、何でもあるが、ただ一つ夢 (希望) がない。
この国には、現実はあるが、非現実がない。
日本語には現実構文の内容だけがある。日本語脳は、片輪走行である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


2012/05/26 21:18  | URL | noga #sqx2p0JE[ 編集] |  ▲ top

--
nogaさま

CMありがとうございます。

まさに、著者が本作の中で、
日本人は過去の経緯で出来上がったものを工夫し改善するのは得意だが、
何も無いところに論理的整合性をもつ構築物を作り上げるのは苦手。
それをコンセンサスの上に築き上げるのはなおさら苦手。
このような趣旨のことを書いており、大きく頷いたところだったので、
nogaさんの文章も、すっと頭に入ってきました。

「理想」や「考え」を「非現実」と表現されたところが特に象徴的な
日本人論だと感じました。
2012/05/27 12:35  | URL | かもめ組 #obYDgEv2[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2912-975968e1
| メイン |