FC2ブログ
『窓際の死神』
- 2012/05/18(Fri) -
柴田よしき 『窓際の死神』(新潮文庫)、読了。

死に不用意に近づくと目の前に現れる死神。
そんな死神から、自分の命と身近な人の命を天秤にかけられ・・・・。

と要約してみたものの、そんな話じゃないような違和感(苦笑)。

死神が登場する作品は、それなりの数があると思うのですが、
本作の目新しさは、死神が会社の窓際族だということ!?
それよりも、そんなおじさん姿の死神がふらっと目の前に現れ、
自ら死神と名乗りつつ、命の話をし始める、そのアンバランスさというか
ある種の滑稽な風景が特徴の作品なのだと感じました。

ただ、「そんな設定必要か?」と思ってしまったのも事実。
死神と主人公との対話が見せ場なのだと思いますが、
なんだか、じれったさを感じてしまいました。

もっと見守るようなスタンスや、もしくは反対に極めて冷酷な展開など、
死神のキャラを活かす方法が無かったものかと思います。
本作では、「(相手を思いやる)想像力が無いから」、
淡々と「死神業」について水から語ってしまうという設定になっていますが、
なんだか、ここが納得的じゃない・・・。取って付け感があります。

日本の昔話のモチーフを匂わせていますが、
そちらも、あまり有効に活かせていないように感じました。

全体的に残念。


窓際の死神(アンクー) (新潮文庫)窓際の死神(アンクー) (新潮文庫)
柴田 よしき

新潮社 2008-01-29
売り上げランキング : 678738

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  柴田よしき | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<ダイビング @福浦 | メイン | 開放講座>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2906-d1977a6b
-窓際の死神(柴田 よしき)-
大事なものの命を、 自分の命との天秤にかけさせ、 残酷な決断を迫る死神。 柴田さんの描く死神は骸骨でも、 美少女でもなく、しがない総務の窓際族。 彼が、OLたちに命の選択を迫り 不幸に陥れるはずなんだが…。 ホラー風に見せて、 実はヒューマンだったりする 意外な結末が、今回も味わえる。 自分の命を差し出して 人を救おうなんておこがまし過ぎる。 自分の可能性は ... …
2014/10/07 22:11  たくのみ雑記帳 ▲ top

| メイン |