FC2ブログ
『波のり舟の』
- 2012/05/16(Wed) -
出久根達郎 『波のり舟の』(文春文庫)、読了。

どうにも乗り切れないまま終わってしまいました。

まず、江戸っ子言葉が読みにくい(苦笑)。
時代小説を読みなれていないせいなのか、
それとも佃島という地域と特有のものなのか判断がつきませんが、
読んでいる側のテンポと文章のテンポが合わずに苦労しました。

そして、日常で起きる事件の解決を
渡し舟の守役・正太、もしくはその周囲の人々が担うのですが、
事件そのものの建て付けが何とも緩い感じがして、
小説としての物語展開も、甘甘な感じを受けました。

というわけで、なんだか締りの無いままに読み終わってしまった感じです。

どうも、この著者の時代小説は、あまり好みに合わないような気がしてきました。


波のり舟の―佃島渡波風秘帖 (文春文庫)波のり舟の―佃島渡波風秘帖 (文春文庫)
出久根 達郎

文藝春秋 1999-07
売り上げランキング : 1128280

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<上々。SP | メイン | 『ダレカガナカニイル・・・』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2902-b5c07cf4
| メイン |