FC2ブログ
『食べて、祈って、恋をして』
- 2012/04/18(Wed) -
『食べて、祈って、恋をして』

大ヒット映画ですね。

NYに始まり、ローマ、インド、バリ島へと旅をしていくのですが、
それぞれの街並みを切り取って画面に構成するところはお見事。
どの街も、それぞれの雰囲気や街の良さが感じられました。

しかし、肝心のストーリーのほうは、
なんだか「負け犬の自分探し」みたいな、地に足が着かない感じがあり、
気持ちが入り込めませんでした。

それぞれの街における現地の人々の生活を
もの凄く都合よく良いとこ取りをしているように思えて、
現地の人々との心温まる交流しか描いていないところに、
不自然さを感じてしまいました。

特に、バリ島で、現地の恵まれない親子に家をプレゼントするくだりは、
なんだか、アメリカ人がアジア人の子供を養子にすることが想起され、
本当に彼らの幸せに繋がるのだろうか、これは自然なことなのだろうかと、
モヤモヤが胸に浮かびました。

最後は恋愛で解決するというのは、
この手の映画のお約束だと思いますので、さほど気にはならなかったのですが、
バリ島で魅力的な男性に出会ってからの主人公の表情のキラキラ感を見て、
腑に落ちたことがありました。

それは、インドで祈りを捧げていた彼女の表情が、ちっとも活き活きとしていなかったこと。
なんだか、神聖な場に合うように、一生懸命に自分を繕っているような感じがして、
表情のあまりのさっぱりとしたところに、腰掛けセラピー感が満載でした。

それに比べて、バリ島での彼女の活き活きとしていることといったら(笑)。
結局、そんなところに落ち着いたので、なおさら、「負け犬の~」というところが
頭に残ったのだと思います。


食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-02-09
売り上げランキング : 32161

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  ジュリア・ロバーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『熱球』 | メイン | 『ウェブはバカと暇人のもの』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2871-fe2a3e4e
| メイン |