FC2ブログ
Q&ダマサれた大賞
- 2012/04/03(Tue) -
『世界の果てまでイッテQ!』(2011年2月27日放送)
イモトさんは、インドの大運動会をレポート。
インドと言えば奇人変人大集合ですが、
3度目の今回は、すでにレギュラー陣のような貫禄が(苦笑)。
ただ、私、この手のものがちょいと苦手で・・・・・。
一生懸命前に出てこようとする姿に、ちょっと引いてしまうんですよね。
しかも、芸がしょぼかったりすると、その空回り感で見てる自分が恥ずかしくなるというか・・・。
それでも、終わった後の笑顔とか自由な雰囲気に触れると、
一生懸命楽しんでいる感じが伝わってきて、好感は持てるんですけどね。
とりあえず、運動会は、カオスな感じがインドです。
どうやって順位をつけているのか分からない競技もあるのですが、
何だかんだで楽しんでいるところが大らかで素敵。
100m走も、70歳、80歳、90歳まで出場できる仕組みになっていて、
トップアスリートとマスターズを別大会に分けてしまわない考え方も
みんなで楽しんでいることが伝わってきました。
で、いろいろあった結果、チームイモトが出場予定の砂袋運び競争は
時間が押してしまい中止になるという結末(爆)。
後半は、ボビー親子の無重力体験。
飛行機を自然落下させて無重力状態を作り出すという、
まことにシンプルながらも強烈な方法で、無重力コマをやろうという実験。
自然落下で、すんなりと無重力状態に入っていく様子に、
気持ち悪くなったりしないのかな?と疑問が。
それにしても、無重力状態での水の動きとか、炎の様子とか、興味深かったです。
前振りにより、「どうなるんだろう?」と予想したものを超えての動きに、
自然科学って不思議だな、そして美しいなと感じました。
コマの動きも、とてもキレイでした。
収録のために何度も落下を繰り返していたのは、相当、体力的にきつかったと思います。
ボビー&ジョイくん、お疲れさま!

『うわっ!ダマされた大賞2011』(2011年3月3日放送)
2回目のSP放送。
前回よりも、さらにテンポがよくなって面白かったです。
スタジオのゲストも、芸人さん+バラドル1名+アイドル1名という構成で変化なし。
この芸人寄りなスタンスが良いんですよね~。
あとは、ドッキリを仕掛ける側が楽しんでいること。この雰囲気が良いんです。
デヴィ夫人が若手芸人に仕掛ける、他愛も無いドッキリ。
若手のリアクションよりも、デヴィ夫人の楽しそうな様子が印象に残ります。
だんだん演技も自然になってるし(笑)。
AKBへの椅子ドッキリも、クダラナイほど単純だから面白い。
高橋みなみさん、美味し過ぎるでしょう!
AKBのトップメンバーだと、礼儀正しいし、仕事の段取りもできて、コメントも上手い。
さすがのアイドル力を感じました。
そして、椅子からの落ちっぷりがお見事。このあたり、やっぱり持ってますよね~。
メイン企画は、内村さんのツッコミ道場。
仕掛ける自分もオオヤケドの危険を負った企画です(笑)。
最初の堤下さんは見事な拾いっぷり。
これはまぁ、他の番組でも名前をいじったりするボケを何度もやってきたから、
お手の物って感じでしたね。
ただ、このやり取りがベースになって他の芸人さんを見ることになるので、
逆に滑りっぷりが笑えるようになってます。このあたりの演出は上手かったですね。
結果、たくさんヤケドは負いましたが、コントとしてみれば十分に面白かったです。
U字工事のTake2へのもって行き方とか、若手への愛情ですね。
騙す側、騙される側の人間性の素敵なところが垣間見れるのも
この番組の良さかもしれません。
堤下さんと『内村タビガラス』、普通に行って欲しいんですけど(笑)。


アンパンマン大図鑑―公式キャラクター2000アンパンマン大図鑑―公式キャラクター2000
やなせ たかし トムスエンタテインメント キョクイチ= 水島 定昭

フレーベル館 2007-11
売り上げランキング : 1596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<S革 | メイン | ダイビング @江之浦>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2845-4a6f17bd
| メイン |