FC2ブログ
『ウォール・ストリート』
- 2012/03/25(Sun) -
『ウォール・ストリート』

ウォール街における老舗金融機関同士の争いを
サブプライム危機という舞台を通して、若手エリート社員の目で描きます。

金融トップは、それぞれのキャラクターにモデルがいるような物語展開でしたが、
このあたりの丁々発止の描き方は、さすがのオリバー・ストーン監督です。
連邦準備制度理事会での迫力あるやりとりは面白かったです。
マイケル・ダグラス vs ジョシュ・ブローリンが凄かった。

一方、若手エリート証券マンを演じるのはシャイア・ラブーフ。
私の金融エリートのイメージは、見た目は爽やかにスマートだけど
眼光だけはギラギラしているというもの。
それに比べると、シャイア・ラブーフは、ちょっと頼りなげな印象が。
監督のテンポ良い演出で、それなりには見えてましたけどね。

そして、その彼女は、元大物投資家のマイケル・ダグラスの娘。
しかし、インサイダー取引で8年も服役していた父親には拒絶感バリバリ。
幸せな結婚と、その父親との親交を得たいシャイア・ラブーフは、
父娘の間を取り持つ努力をし、娘に隠れて父と積極的にコンタクトを取っていきます。

このサブストーリーが、普通の投資モノとは異なる味付けだったのでしょうが、
娘の行動が、なんだか腑に落ちないんですよね・・・・・。
あんなに毛嫌いしている父親の仕事と同業の男を彼氏に選んだり、
聞く耳もたずの状態だったのに、特に劇的でもない会話で父親と距離が縮まったり、
離婚だナンだと騒いでいたのが終息するのが急展開だったり・・・・・。
よく分からない女の子でした。

というわけで、取引の切った張ったは面白かったのですが、
彼ら金融マンを支える家族の描き方がワケわかんなかった作品でした。


ウォール・ストリート [DVD]ウォール・ストリート [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-12-16
売り上げランキング : 2296

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  オリバー・ストーン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<S革&ダマされた大賞 | メイン | 『原発「危険神話」の崩壊』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2843-76275451
| メイン |