FC2ブログ
『不安な童話』
- 2012/01/29(Sun) -
恩田陸 『不安な童話』(新潮文庫)、読了。

25年前にハサミで刺し殺された女流画家、
その遺作展で意識を失った主人公は、その後、次々と不思議な現象に巻き込まれ・・・。

「生まれ変わり」「失せもの探し」「記憶の読み取り」などと、
ちょっと超自然的なテーマが冒頭からごろごろ出てくるのですが、
さほど苦手意識を持つことなく、すんなり、この世界観に入り込めました。

というのも、主人公・万由子の少し突き放したようなモノの見方と、
その雇い人・博物学教授のキャラクターが魅力的だったから。
彼らにかかれば、どんな突飛な出来事でも、
ま、ありうるかも・・・と思わせる変な納得性がありました。なんでだろ?

そして、もう一人の主人公ともいうべき、殺された女流画家のキャラも
これまた相当に強烈で、悪意を絵にするという凄い作風。
愛憎紙一重という世界観も、面白かったです。

現在の世界での数々の事件の真相や25年前の殺人事件の真相については、
少し子供っぽいような印象も受けましたが、
ま、私の関心からすると、あまり気になる部分ではありませんでした。

今回の主人公のキャラクターで、続編とか作って欲しいなと感じる作品でした。


不安な童話 (新潮文庫)不安な童話 (新潮文庫)
恩田 陸

新潮社 2002-11
売り上げランキング : 29973

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<箱の中の文左衛門 | メイン | 『シュレック・フォーエバー』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2779-8580e750
-知育玩具-
童話童謡を読み聞かせる新しい知育玩具!読み聞かせロボ!おりこうクマたんが大人気 …
2012/02/16 11:00  知育玩具 ▲ top

| メイン |