fc2ブログ
『ハーバード・ビジネス・スクールの経営教育』
- 2011/12/30(Fri) -
デイビッド・W・ユーイング 『ハーバード・ビジネス・スクールの経営教育』(TBSブリタニカ)、読了。

93年発行と、古い本でしたが、本質は変わらないだろうと思い、読んでみました。
というか、100円で見つけたからかな(笑)。

卒業生や教授陣へのインタビューの積み重ねにより、
HBSで学ぶということは、どういうことなのかを描いていきます。

読んでいて一番感じたのは、
「これだけの大変な経験を経て卒業した俺たちは特別だ!」という
エリート意識と一体感を生むには、見事な教育システムだと思いました。

決して悪い意味で言っているのではなく、これは、相当な自信に繋がると思います。
もともとHBSにやってくる学生なんて、優秀に違いないのですから、土台はあるはずなんです。
そこから飛躍するには、自信をつけることが最も有効なのだろうなと納得。

そして、さらに強力なのは、ここでの2年間で得られる人的ネットワークなのでしょうね。
これは、きっと、その後の何十年にもわたるビジネスマン生活で
他では得られない財産として価値があるものだと思います。

何だかんだ言って、東大出身者が有能なのは、
エリート意識と同窓生としての結びつきの強さが、有効に機能しているからだと思います。
政・官・財・学のトップ層に同窓生がいるというのは、
何をやるにも効率的に話が進みますからね。

最近、自分自身も、もっと卒業大学のOB/OGの繋がりを
有効活用しないと勿体ないと思う機会が多々あり、
来年の目標の一つに、人脈の拡大を掲げようと思っています。


ハーバード・ビジネス・スクールの経営教育ハーバード・ビジネス・スクールの経営教育
デイビッド・W. ユーイング David W. Ewing

阪急コミュニケーションズ 1993-02
売り上げランキング : 1032339

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『脱=社会科学』 | メイン | 『Sex and The City 2』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2738-1105dba5
| メイン |