FC2ブログ
『たとえばの楽しみ』
- 2011/11/26(Sat) -
出久根達郎 『たとえばの楽しみ』(講談社文庫)、読了。

難しい本の後は、お気楽エッセイをば。
古本、もしくは古本屋にまつわるエッセイです。

軽妙な語り口はさすがです。
そして、古本屋稼業ならではの視点が、やはり面白い。
本の評価の仕方とか、お客さんに対する人間観察とか。

後半は、書評のようなエッセイも多く、
いろいろ読みたい本リストの収穫にもなりました。

こんな本を読んでしまうと、また、ついつい古本屋に行ってしまって、
積読タワーが伸びたり増えたり、部屋の中で成長してしまうのですよねぇ・・・・。


たとえばの楽しみ (講談社文庫)たとえばの楽しみ (講談社文庫)
出久根 達郎

講談社 2000-01
売り上げランキング : 867133

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  出久根達郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<内さま | メイン | 『科学の終焉』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2702-fc1ab4f3
| メイン |