FC2ブログ
『日本社会で生きるということ』
- 2011/11/19(Sat) -
阿部謹也 『日本社会で生きるということ』(朝日新聞社)、読了。

「『世間とは何か』を読まねば!」と言いながら、別の講演録に手を出してしまいました。
飲み会の前の時間つぶしに、新橋の古本屋を覗いたら、100円で見つけてしまったのです。
サラリーマンの街で、こんな本に出会うとは・・・。

内容は、世間というものについて語っているので、
『世間とは何か』を、さらに噛み砕いて説明している入門書だと思います。

講演録ということで、耳で聞いて理解できる平易な説明になっていることに加え、
経世会などの時事ネタも盛り込まれており、
理解しやすいとともに、面白い!

講演録は、文字にするとつまらないものも多いと思うのですが、
アベキン学長の話は面白いんです。
一般人に向けて、自分の研究を語って聞かせるだけの伝達力を持っている
素晴らしい学者だと改めて感じました。

そして、早く、『世間とは何か』を読まなければ!!


日本社会で生きるということ日本社会で生きるということ
阿部 謹也

朝日新聞社 1999-03
売り上げランキング : 555539

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「世間」とは何か (講談社現代新書)「世間」とは何か (講談社現代新書)
阿部 謹也

講談社 1995-07-20
売り上げランキング : 59293

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  阿部謹也 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『バウンティ・ハンター』 | メイン | 法然と親鸞展>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2694-9684dddb
| メイン |