FC2ブログ
『アフロサムライ』
- 2011/11/16(Wed) -
『アフロサムライ』

画がカッコいいですね。
そして動きが緩急つけてあって、その演出に引き込まれます。

いかにも日本のアニメという創意工夫が盛り込まれた画面に対して
アフレコが英語なのに、最初はかなり違和感を感じたのですが、
次第に、この世界観に合っているかも・・・・・なんて、馴染んできました。

ただ、ストーリー面では、ちょっと物足りなかったかな。

日本アニメの重厚なストーリーよりは映像を重視しているようでしたし、
また、アメリカ的などんでん返しも特にありませんでしたし、
東洋的な哲学が色濃く反映されているわけでもなく。
「復讐」「殺人」というものを、いかにスタイリッシュに見せるかに
終始していたような印象を受けました。
まるで、『処刑人』のような。

最後、No1との対決のシーンで、
No1自らが、No1のあるべき姿を語っていましたが、
そのNo1に、世界におけるアメリカの姿を重ねると、ちょっと面白かったです。
そういう点では、この作品が、アメリカで作られたことに
一層の意味が出るのではないかと感じました。


AFRO SAMURAI ディレクターズ・カット完全版 [DVD]AFRO SAMURAI ディレクターズ・カット完全版 [DVD]
飯島弘也

ポニーキャニオン 2008-02-20
売り上げランキング : 66934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

処刑人I&IIブルーレイ・ツインパック【初BD化/初回生産限定】 [Blu-ray]処刑人I&IIブルーレイ・ツインパック【初BD化/初回生産限定】 [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-09-03
売り上げランキング : 2081

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL |  サミュエル・L・ジャクソン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『晩年』 | メイン | 『アラフォー女子のベイビー・プラン』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2689-afe2259f
| メイン |