『慟哭』
- 2006/04/23(Sun) -
貫井徳郎 『慟哭』(創元推理文庫)、読了。

一気に読み上げました。

いろんな方のblogでこの作品が上げられているのを見て、
この作家と作品を初めて認識したのですが、
読んでみて、その人気のほどが解りました。

何よりもまず嬉しかったのは、文章が読みやすいこと。
短く、簡潔で、それなのに言葉の選び方が安っぽくも堅苦しくもない。
おかげで、スイスイ読めました。

また、テーマ設定も私には新鮮で、
これまで新興宗教に纏わる作品はほとんど読んだことが無かったので、
「宗教にハマる」という過程を興味深く読みました。
幼女誘拐事件とカルトという、
現代の2つの大きな社会問題を見事に絡めて描いています。

唯一読んでいて気になったのが、
誘拐犯人がそれまでの誘拐目的とは異なる目的で次の標的を定めた件で、
「狂信的な目的意識から脱線するのは、ありえないんじゃないかな?」
と疑問に感じたのですが、
それも最後まで読んでいけば、納得の出来る展開になっていました。

それにしても、ここ数年のサスペンス作品の書き手は、
素晴らしい才能が続出してますね。

慟哭
慟哭貫井 徳郎

東京創元社 1999-03
売り上げランキング : 50,245

おすすめ平均 star
star後味悪いです
star素直に驚いた。
star絶句!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  貫井徳郎 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
<<『ことばの饗宴』 | メイン | NOVA>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/268-41ef6e49
-『慟哭』 (貫井徳郎) 感想-
世の中には面白い物語がまだまだあったものだなあ。衝撃的なまでに現代的でしかも息も …
2008/09/23 22:49  書庫の彷徨人 -読書遍歴の記録- ▲ top

-貫井徳郎『慟哭』-
慟哭貫井 徳郎 東京創元社 1999-03売り上げランキング : 4800おすすめ平均 現代的な屈折ちょっと粗削りじゃないか?一言で言えば、大変良くできた作品Amazonで詳しく見る by G-Tools 連続する幼女誘拐事件の捜査は行きづまり、捜査一課長は世論と警察内部の批判をうけ …
2008/10/27 19:33  こんな夜だから書庫に行こう ▲ top

| メイン |