FC2ブログ
『ブルータワー』
- 2011/11/04(Fri) -
石田衣良 『ブルータワー』(徳間文庫)、読了。

この作家さんの作品は、青春モノにとどめておいたほうが良さそうです(苦笑)。
買ってきたときも、「SFかぁ・・・・どうしようかなぁ・・・・」と迷いながら買ったのですが、
やっぱり、私には合いませんでした。

脳腫瘍を患った主人公が、その痛みを強く感じると、200年後の世界にタイムスリップ。
しかし、200年後の世界とは、ウィルスが蔓延した殺伐とした階級社会だった・・・・。

なんだか、展開していく物語に、現実感が全く無いんですよね。
SFだからといって、リアリティが無ければ、のめりこめません。
本の中のテレビで、アニメが繰り広げられているのを、遠くから眺めているような印象でした。
遠い世界での下らない争い・・・・・。

主人公が、タイムスリップした世界を受け入れるのも早過ぎるなら、
主人公を慕う女の子や、細菌学者も、主人公の荒唐無稽な話をすぐに信じ過ぎ。

あちらの世界では、一見、政治的な駆け引きがされているかのような感じですが、
読んでいけば、非常に子供っぽい戦争ごっこのような程度と感じずにいられません。

名前に忌み字を使う理屈は、まぁ受け入れるにしても、
中国人名「ハオロン」に、日本語の音で「刃汚論」とつけるのは、
浅はか過ぎでしょう・・・・・。

と、まぁ、大きなことから小さなことまで、
いろいろ難癖をつけたくなってしまった作品でした。

トホホ。


ブルータワー (徳間文庫)ブルータワー (徳間文庫)
石田 衣良

徳間書店 2008-03-07
売り上げランキング : 225955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  石田衣良 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<S革&ブランチ | メイン | 『あやしい探検隊 海で笑う』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2672-322cc932
-白血球の減少 白血球減少の症状と健康被害について-
白血球の減少について解説されたサイトです。 …
2012/01/21 11:32  白血球の減少 白血球減少の症状と健康被害について ▲ top

| メイン |