FC2ブログ
『猫のいる日々』
- 2011/10/31(Mon) -
大佛次郎 『猫のいる日々』(徳間文庫)、読了。

『吾輩は猫である』とか、『ボクは猫よ』とか、
猫を主人公にした作品には面白いものがたくさんあるので、
なんとなくタイトルで買ってきました。

しかし、素直な、猫のエッセイでした。
家に十数匹の猫がいるというところが、ちょっと特殊なところですが・・・。

ひねくれた猫の視点での社会批評みたいなものの延長で考えていたので、
食い足りない感が残ってしまいました。
(このタイトルなら、素直な猫のエッセイを期待すべきではあるのですが・・・)

小説も併録されていましたが、
そちらも、ピントこないまま読み終わってしまいました。


猫のいる日々 (徳間文庫)猫のいる日々 (徳間文庫)
大仏 次郎

徳間書店 1994-11-15
売り上げランキング : 58955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

吾輩は猫である (岩波文庫)吾輩は猫である (岩波文庫)
夏目 漱石

岩波書店 1990-04-16
売り上げランキング : 68665

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボクは猫よ (文春文庫 (133‐16))ボクは猫よ (文春文庫 (133‐16))
曽野 綾子

文藝春秋 1985-04
売り上げランキング : 11877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『断る力』 | メイン | 『影絵の町』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2664-ebe987fc
| メイン |