FC2ブログ
『笑う山崎』
- 2011/10/24(Mon) -
花村萬月 『笑う山崎』(祥伝社文庫)、読了。

暴力描写が激しい作家さんと聞いていたので、これまで避けていたのですが、
本作は、いろんな本読みさんのBlogでお目にかかるので、
怖いもの見たさもあって、挑戦してみました。

確かに、暴力描写が毎度登場しますし、また、その内容がえげつないのですが、
それでも、事前に想像していたような嫌悪感は感じませんでした。

それよりも、山崎が語る人生哲学に強く惹かれました。
行動はとんでもなく破天荒なのですが、
山崎という男の頭の中では、一本筋の通った行動なのだろうな・・・と思えてしまいます。

作者あとがきによると、本来は、「笑う山崎」の短編一本の予定だったものが
出版社のオーダーにより連作モノに変わったようですが、
確かに、「笑う山崎」の突飛な展開は、以降の章ではマイルドになっています。
でも、冒頭の「笑う山崎」でガツンとした衝撃があったからこそ、
以降の章も、「彼ならその行動はとりかねない」という納得感に包まれて読み進められた気がします。

というわけで、暴力描写を恐れることなく、面白く読めました。
他の作品にも、少しずつ、手を広げていこうかな。
一気読みは、流石に無理!


笑う山崎 (ノン・ポシェット)笑う山崎 (ノン・ポシェット)
花村 萬月

祥伝社 1998-07
売り上げランキング : 87466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<FP3級合格 | メイン | 『神々の遺品』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2660-96859971
| メイン |