FC2ブログ
『隣りの女』
- 2011/10/23(Sun) -
向田邦子 『隣りの女』(文春文庫)、読了。

迷える女性の内面を描かせると、流石ですね~。
しかも、一見、どこにでも居そうな女性に、ちょっとウィットのある言葉を吐かせる、
この味の利かせ方が上手く、また不自然ではないのです。

女性のずるい一面を描きながら、
その女性自身が、自分のずるさを自覚し、自虐的な言葉を吐く。
そこに、あまり嫌味を感じません。

一家の大黒柱が、ある日突然、若い女の下に奔る・・・
このようなテーマを扱った作品が2つありましたが、
その中でも、「胡桃の部屋」が印象に残りました。

一人、必死になって、父親が居なくなった家を守ろうとした長女、
しかし、父親をはじめ、家族はみんな「適当に」自分の人生を歩んむ術を身につけていた・・・。
長女としては、身につまされる話でした。
もちろん、私の父は、ちゃんと母のもとに居ますけど(笑)。

一文、一文が短い中で、
リズム感を持たせながら端的に描写をしていく技術に酔えます。
良い作品集でした。


隣りの女 (文春文庫 (277‐4))隣りの女 (文春文庫 (277‐4))
向田 邦子

文藝春秋 1984-01
売り上げランキング : 82250

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  向田邦子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイビング @城ヶ島 | メイン | 『金融探偵』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2657-b71a4805
| メイン |