fc2ブログ
『虞美人草』
- 2011/10/19(Wed) -
夏目漱石 『虞美人草』(岩波文庫)、通読。

冒頭、いきなり会話文が延々と続き、圧倒されてしまいました。
人間関係やシチュエーションが良く分からないんだけれども、
なんだか読みたくなるワクワク感。
この誘導力は凄いです。

ただ、なかなか人間関係が見えてこないところに、
私の気持ちは切れてしまって、途中から流し読みになってしまいました。

でも、どこまで意味があるんだか、無いんだか分からない会話の応酬は
やっぱり気になってしまって、そこは力を込めて読んでしまいます。

てなわけで、非常にアンバランスな読み方をしてしまったので、
また、落ち着いた頃にきちんと読み直したいと思います。


虞美人草 (岩波文庫)虞美人草 (岩波文庫)
夏目 漱石

岩波書店 1990-04-16
売り上げランキング : 159280

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  夏目漱石 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『空が見ていた』 | メイン | 『ゆりかごを揺らす手』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2652-2b841e65
| メイン |