fc2ブログ
『ミーン・ストリート』
- 2011/10/07(Fri) -
『ミーン・ストリート』

デ・ニーロ×マーティン・スコセッシということで観てみましたが、
どう楽しめば良いのか分からないまま終わってしまいました。

日本でいう青春群像というのは、内面的な思考に陥りがちですが、
アメリカでいう青春群像は、時に、外への暴力的なまでのエネルギーとなって
発散される様を指すような気がします。
良く言えば若さの発露、悪く言えば単なるチンピラ。
そして、残念ながら、私の目にはチンピラにしか映らない・・・・・。

デ・ニーロが若い。
そして、世の中ナメてる感じを絶妙な表情で醸し出してます。
でも、演技は上手いけど、そのキャラクターに親近感がもてないんですよねぇ。

主人公のチャーリーを演じるハーヴェイ・カイテルも良かったけど、
でも、やっぱり、なんでチンピラのデ・ニーロの世話をするのか理解できず。

イタリア移民という存在への理解が薄いからなのかなぁ・・・・。

音楽は良かったです。


ミーン・ストリート [DVD]ミーン・ストリート [DVD]
マーティン・スコセッシ

ワーナー・ホーム・ビデオ 2004-10-29
売り上げランキング : 5265

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL |  ロバート・デ・ニーロ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『利益の方程式』 | メイン | 『経営戦略を問いなおす』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2634-2cbc6392
| メイン |