fc2ブログ
『ウンナンタイム』
- 2006/04/16(Sun) -
『ウンナンタイム』(2006年4月15日放送)、聴取。

スペシャルウィークでございます。

「笑いとスプラッターは紙一重」なかなか重みのある言葉です。
「笑い」って「痛み」と繋がってるんですよね。
さて、お二人とも貞子を見てないようですね。
理由は「怖いから」。私も同じ理由で、絶対に見られません。

ウドちゃん入籍話、やっぱりきましたね。
北京にて結婚までの各種手続きについて先輩面で説明してやったにも関わらず、
すべてスルーされる内村さん、哀。
もう奥様にはお会いしているのかと思いきや、携帯の画像だけのようですね。
よっぽど、ウドちゃんの入籍がバタバタだったのでしょうか。
「老後も一人だったら離れに住まわせてやる」というのは、
なんだかポケビ風のネタで面白かったです。

4月のマセキ人事異動で、
ウンさんナンさんともにマネージャーさん交代のようです。
トミー交代が衝撃です。
良いコンビだったのに・・・(コンビで括るのはタレントさんに失礼?)
南原さん付のクロダ君、
いきなり南原さんを「この人」呼ばわりで笑わせてくれます。
南原さんのマネージャーさんは、親分に似てハプニング系多いですね。
今回の放送では「でかい」ということしかわからなかったヤマグチ君、
今後の活躍に期待です。

「黒澤作品初体験の人に薦める作品」というテーマでは
自分の好きな映画を推す内村さんに対して、
リスナーが女の子であることを気にする南原さん、さすがです。
私も、黒澤作品観たこと無いので、非常に参考になりました。
ちなみに、内村さんが推した『生きる』は、
うちの弟が「絶対に観たほうがいい」と大絶賛でした。
『夢』は、南原さん、うまく褒めるようにしていましたが、
うちの親は「つまんない」とバッサリ。
ストーリーが全然わからなかったようです。

スタッフの「コーナー潰し」についてですが、
「とりあえず質問コーナーで立ち上げる」というのは、どうですかね?
タレント頼みに過ぎるのではないでしょうか?
「散髪たけし」も「藤岡ひろしっち」も
当初はコーナー化するほどのキャラは立ってなかったように思います。
見切り発車の位置にも達していないような気が。
トークで突然生まれたキャラが、リスナーからのメールとかで膨らんで
コーナー化されるという流れがベストだと思います。
スタッフが枠を与えても、タレントやリスナーが必然性を感じなきゃ、
潰れて当然ですよね。
で、「山猿って何だっけ?」に爆笑。

徳ちゃん節、今週も炸裂してます。
まずは「釣りバカファン」であったことに驚き。
私と数歳しか違わないのですが、『釣りバカ日誌』にはまってただなんて。
私は、アレはオジサンが観る映画だと思い込んでました。
それともお父様の強い影響があったのでしょうか?
夫婦で『男はつらいよ』を楽しんでるだなんて、歳の割には渋い趣味です。
そしてジャージ話。
サッカー・イングランド代表のジャージなんですかね?
旦那をベッカムのように見ているのでしょうか?
「襟を倒したらぶっ飛ばされる」って、どんな夫婦だ??
それを阻止するための徳ちゃんの言葉が
「オリンピックのロシア代表に見える」
この夫婦は普段からこんな爆笑トークを繰り広げているのでしょうか?
久々に内村P&徳ちゃんの名コンビ振りをビデオで見たくなりました。
男はつらいよ 寅次郎相合い傘
男はつらいよ 寅次郎相合い傘渥美清 山田洋次 浅丘ルリ子

松竹 2005-07-29
売り上げランキング : 4,501

おすすめ平均 star
star心を描くことにこれほど成功した作品は少ない
star邦画史に残る名作
star寅さんは失恋していません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
この記事のURL | ウンナン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『恋文』 | メイン | 『青春の蹉跌』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/261-ab2b0a98
| メイン |