『夏の名残りの薔薇』
- 2011/09/15(Thu) -
恩田陸 『夏の名残りの薔薇』(文春文庫)、読了。

ミステリーと思って読んでいたら、
むしろ、人間の精神世界を描いたような作品で、ちょっとニーズ違いでした。

人間の記憶が如何に都合よく作られていくのか、
その不確かさをテーマにしている着眼点は面白いと思ったのですが、
その見せ方が何とも、まどろっこしいんです。

ところどころで挿入される不思議な情景。
読み進めていくと、それは、とある映画のシーンを描写していることがわかるのですが、
何を暗示しているのかを考えるのが面倒くさくなって、途中から読み飛ばしました(苦笑)。

また、現実世界の描写のところも、
思わせぶりな表現が多くて、ちょっと食傷気味。
そういう世界観に浸りたいひとには適しているのかもしれませんが、
仕事が忙しい時期に読むには、ちょっと厳しかったです。

もともと、思わせぶりな演出が続く小説は得意ではないのですが、
恩田作品では、ちょっと文章構成への苦手意識もあり、
一層、読み解くのが難しく感じました。

三姉妹が物語を語り聞かせるシーンは、さすがの描写力だと覆いました。
『六番目の小夜子』で感じた追い詰められる心理的圧迫感が
ここでも効果的に活きていました。

また、登場人物では、桜子の思考回路が面白かったです。
ただ、彼女に太刀打ちできるだけの哲学を持った人物がいなかったので、
「対決」という意味での楽しみは少なかったです。



夏の名残りの薔薇 (文春文庫)夏の名残りの薔薇 (文春文庫)
恩田 陸

文藝春秋 2008-03-07
売り上げランキング : 60932

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

去年マリエンバートで 【スタジオ・カナル・コレクション】 [Blu-ray]
去年マリエンバートで 【スタジオ・カナル・コレクション】 [Blu-ray]
ジェネオン エンタテインメント 2011-06-08
売り上げランキング : 46064


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ジェニファーズ・ボディ』 | メイン | 一橋フォーラム21>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/2599-e5311b6f
| メイン |